難易度☆
TOP難易度☆暗黒墓守

暗黒墓守

常にハンデスを狙っていける、攻撃特化の墓守+暗黒界デッキ。
様々なカードで相手のカードを生贄に捧げつつ、情報アドをもとに一手先を読み
準備ができたら暗黒界・墓守両雄の展開力を生かして、一気にケリをつけろッ!

<サンプルデッキ>

モンスター 魔法
暗黒界の武神ゴルド×2 サイクロン 降霊の儀式×2
暗黒界の軍神シルバ×2 黄金の封印櫃 魔のデッキ破壊ウイルス
暗黒界の策士グリン 月の書×2 死のデッキ破壊ウイルス
暗黒界の刺客カーキ 手札抹殺 激流葬
墓守の偵察者×3 王家の眠る谷-ネクロバレー-×3 聖なるバリア-ミラーフォース-
墓守の暗殺者×2 王家の生贄×2 マインドクラッシュ
墓守の長槍兵×2 フィールドバリア -
墓守の司令官×3 -
墓守の番兵 -
キラー・トマト×3 -
スナイプ・ストーカー -
メタモルポット - -
計22枚 計11枚 計7枚

@基本戦術@

STEP1 初期手札の墓守と暗黒界の比率は?


『ネクロバレーを展開して、墓守の力で抑え込む』・『暗黒界の展開力で一気に攻め立てる』
いずれにしろ序盤は「王家の眠る谷-ネクロバレー」を引くまでの準備時間になる。
多少不利でも、こちらのフィールドが埋まってしまえば十分に相手を押し込めるぞ=3
まずは「激流葬」等の罠や「墓守の偵察者」を用い、カードアドを取りつつ凌ぐんだ・・



STEP2 王家の墓に生贄を捧げてやれッ!


「王家の眠る谷-ネクロバレー」と「王家の生贄」の2枚は手札に揃っただろうか?
キーカードが揃ったらさっそく使ってしまいたいところだが、できれば暗黒界の住人を一緒に捨てて
できるだけカードアドを取りたいところだ。以下が具体的な使いどころの一例
■手札に「ゴルド」「シルバ」のどちらかがあり、相手側に除去カードがなさそうだ
■メタモルポットを使って、互いの手札が満タンである(ハンドアドを取れる可能性が高い)。
■手札に「マインドクラッシュ」があり、更なるハンデスが狙えそうである。



STEP3 詰め将棋の世界


もしも無事に戦線を維持できていたなら、「王家の生贄」「死魔デッキ」等のピーピングにより
相手の武器は丸裸の状態が多くなるかと思う。しかし、ここで油断してはならない。
本デッキは攻撃は強いが、受けに回ると貧弱である。したがってここからは読み合いとなる。
暗黒界+墓守の圧倒的な展開力で一気にケリをつけるのか、常に一手先を読んで動くのか・・
残った相手手札の罠・魔法、ドローカードを元に判断し、トドメを刺してやれ=3

▲難易度☆リストへ戻る

▲TOPへ戻る


@@ちょっと役に立つ一口メモ@@
■上記サンプルデッキにおけるプレイ時に注意が必要なカード
◇深淵の暗殺者:手札からこのカードが墓地へ行った時、墓地のリバース効果モンスターを回収する。
           …が、ネクロバレー発動時はこの効果を利用することができない。
             従って「王家の生贄」とのコンボは不可能であることを覚えておこう。

◇不幸を呼ぶ黒猫:ネクロバレー発動時→デッキから罠カード1枚を選択し、手札に加える。
                〃    未動時→デッキから罠カードを1枚選択し、デッキの一番上に置く。
            …結構な差だ。死デッキの餌以外には、ネクロバレー発動まで伏せないのが無難。

◇フィールドバリア:テキストには『このカードがある限り、フィールド魔法を発動できない』とある。
             つまりネクロバレー発動前に誤ってこのカードを発動してしまうと致命傷だ、注意。

▲難易度☆リストへ戻る

▲TOPへ戻る