TOPデッキレシピLV1>魔法使い

魔法使い

トリッキーな戦術と奇襲攻撃を併せ持つ剛柔自在なマジシャンデッキ!
原作さながらに相手を翻弄し、弱らせたところに黒・魔・導☆

<サンプルデッキ>

モンスター 魔法
コスモクイーン 大嵐 聖なるバリア-ミラーフォース-
ブラック・マジシャン×2 サイクロン 激流葬
霊滅術師カイクウ×3 早すぎた埋葬 リビングデッドの呼び声
見習い魔術師×3 ディメイション・マジック×3 死のデッキ破壊ウイルス
執念深き老魔術師×2 終焉の焔 -
熟練の黒魔術師×2 スケープ・ゴート -
ライトロード・マジシャン ライラ 名推理 -
魔法の操り人形 モンスターゲート -
お注射天使リリー 月の書×2 -
黄泉ガエル 召喚士のスキル -
冥府の使者ゴーズ 洗脳 -
- 強制転移×2 -
- 拡散する波動 -
- 思い出のブランコ -
計18枚 計18枚 計4枚
融合:サイバー・フォートレス・ドラゴン×3

〜デッキ運用の前提と勝ち筋〜
●必殺のディメイション・マジックでカードアドバンテージを奪いつつ、大型モンスターを召喚!劣勢な状況でも  一気にひっくり返せることが多い!
●下級モンスターにも単体除去効果をもつものが多く、コンボ性も高い!


@基本戦術@

STEP1 魔力カウンターとコンボでやりくりする!


魔法使い族の下級モンスターには、単体でカードアドバンテージを稼ぎ易いモンスターが揃っている。
これらのカードは各カードとコンボさせることにより、さらにアドを広げられるので、
相手の攻撃を原作さながらに回避しつつ、
アドバンテージとSTEP2「ディメイションマジック」を使うタイミングを見定めよう。


■「見習い魔術師」
魔法使い族のリクルーター、『魔力カウンター』を乗せる効果も忘れずに。
各種蘇生カードの使用や「見習魔術師」が裏守備の状態の時がコンボのチャンス!

■「魔導騎士ブレイカー」
| 効果で魔力カウンターを失ったこのカードに再度カウンターを乗せて積極的に罠を破壊。
| 
■「熟練の黒魔術師」
| 魔力カウンターが1つだけ乗った状態ではあまり警戒されない。
| 裏をかいて魔法や見習魔術師の効果でカウンターを3つ一気に貯めよう。

■「魔法の操り人形」
| こちらは魔力カウンター2で相手モンスターを破壊する効果が発動できる。
| やはり効果を狙う時は一気にカウンターを貯めよう。

■「執念の老魔術師」
  魔力カウンターは関係ないが、見習魔術師がリクルートできる便利モンスター。
  反転して相手モンスターを破壊後は、後述の「ディメイションマジック」や
  「死のデッキ破壊ウイルス」「月の書」などとのコンボを狙おう。
  |
  ┗■「強制転移」「月の書」
   「見習い魔術師」や効果使用済の「執念の老魔術師」はこれで有効利用。


STEP2 必殺!ディメイション・マジック


魔法使い族の必殺技であるこのカードを上手く使いこなせるかで、勝率が極端に変わってくる。
状況に応じて上手く使いこなし、カードアドバンテージを広げていこう!
順番の問題でSTEP2にて解説しているが、ゲームを通じて使いどころに気を使おう。

尚、あらかじめ「召喚師のスキル」で最上級モンスターを用意しておくと便利。
その際のサーチカードは「ブラック・マジシャン」が良いだろう(詳細は後述)。

■「ディメイション・マジック」
魔法使い族の必殺魔法である、このカードをコンボしたり、
相手のカードにチェーンしたりしてアドバンテージを広げていく。

■「黄泉ガエル」「終焉の焔」「スケープ・ゴート」
| 自分の場に魔法使い族がいれば、これらのトークンもコストとして使用可能。

■「洗脳」
| ディメマのコストにするもよし、生贄召喚するもよし。

■「思い出のブランコ」
  墓地から高攻撃力の通常モンスターを1ターンのみ召喚できる。
  対象モンスターはEPにどうせ破壊されてしまうので、
  攻撃後はディメマのコストとして使用し、追撃をかけよう。
  |
  ┗■「月の書」
    EPまでに「思い出のブランコ」で復活したモンスターを裏返しにすれば
    自壊効果をリセットして、完全蘇生することができる。


使用タイミングは以下の状況で使うことが多い、
けっして単発で考え無しに使わないように!

◆相手の罠カードにチェーンして発動する
速攻魔法故、自分のターン中は手札にあればいつでも発動できる。
ので、相手が「炸裂装甲」等の『対象を指定する効果』を発動した際に、
チェーンして対象モンスターをコストに捧げればエスケープできる。

◆追撃に使用する
攻撃し終わったモンスターをコストに捧げて違うモンスターを召喚すれば
そのモンスターでさらに追撃をすることができる。
カードアド的には損なので、トドメをさせる時や、
「霊滅術師カイクウ」等の攻撃を確実に通したい時に使用すると良い。


STEP3 奇襲!マジシャンの本領発揮☆


STEP2のディメマに始まり、のらりくらりと相手の攻撃をかわしていながら
突然に奇襲を仕掛けることができるのも魔法使いデッキの特徴。
ある程度相手のカードを削ることができたら、下記カードでラッシュを仕掛ける!


■「名推理」
本デッキでは投入モンスターのレベルがばらばらであるため、効果成功しやすい。
特に「ブラックマジシャン」(☆7)と、「コスモクイーン」(☆8)が
特殊召喚された際は大ラッキーだろう。

■「モンスターゲート」
効果使用済の下級モンスターやトークンが増えやすいデッキなので、
さっさとこのカードで違うモンスターを呼んで役に立ってもらう。

■「拡散する波動」
  魔法使いの必殺技その2、発動条件がいるが効果は中々に強力。
  大型モンスターを召喚して相手が逃げ腰になったあたりで反撃の目を潰そう。

■「お注射天使リリー」
本デッキはじっくり戦うデッキなので、LPを大きく使用するこのカードは
できれば中〜終盤に使いたいところ。ディメマで奇襲するのもよいだろう。

▲デッキレシピLV1リストに戻る

▲TOPへ戻る


@@ちょっと役に立つ一口メモ@@
■『対象を取らない効果』に注意!
本デッキではディメイション・マジックが勝敗の鍵を握るのは前述したとおりだが、
『対象を取らない効果』に対してチェーンしても、手札からモンスターを特殊召喚後に、
相手カードのテキストに当てはまるカードが破壊されてしまう。慌てないこと!

■急がずにのらりくらりと闘う!
ちょっとずつアドバンテージを広げていくデッキなので、急ぐと途端に不利になる。
慌てて「熟練の黒魔術師」の魔力カウンターを無理にためたり、
「お注射天使リリー」の効果を無駄に使いまくってLPを大量に消費したりせずに、
ゆっくりと相手のカードを削り取っていこう。


-こんなカードも使えるシリーズ-
◆「マジシャンズ・サークル」
特殊召喚効果が強力であるものの、攻撃力2000以下というしばりがある。
採用する場合は「コスモクイーン」等の最上級モンスターはデッキからはじき、
「ブラック・マジシャン・ガール」「魔法の操り人形」を多めに投入すると手札事故を緩和できる。

◆「マジシャンズ・クロス」
使えそうで使えないカード、攻撃力補助カードとしての有用性は高い。

◆「マジカル・シルクハット」
原作では大活躍のカード(笑)。リバースモンスターを再び裏守備表示に出来るので、
「執念の老魔術師」「見習い魔術師」「幻想召喚師」などに発動すると役に立つことも。

◆「ものまね幻想師」
本来の所持者が違う(笑)。見習い魔術師からもリクルートできるので、サイドに入れてもよい一枚。

▲デッキレシピLV1リストに戻る

▲TOPへ戻る