難易度☆
TOP難易度☆>サクリファイス

サクリファイス

ある意味最強の儀式モンスター「サクリファイス」を駆るコントロールデッキ。
むしろ『生贄はお前だ!』と言わんばかりに相手のモンスターを吸収しまくり、
フィールドの支配者になろう!なんでも吸い込む〜=3

<サンプルデッキ>

モンスター 魔法
サクリファイス×3 イリュージョンの儀式×3 亜空間物質転送装置×2
マンジュ・ゴット×3 大嵐 グラビティ・バインド
センジュ・ゴット サイクロン 聖なるバリア-ミラーフォース-
ソニックバード 早すぎた埋葬 リビングデッドの呼び声
キラー・トマト×3 契約の履行 死のデッキ破壊ウイルス
ジャイアント・ウィルス×3 光の護封剣 激流葬
クリッター スケープ・ゴート
魂を削る死霊 月の書
イナゴの軍勢 レベル制限B地区
ステルスバード 貪欲な壺
聖なる魔術師
ダンディ・ライオン
ラヴァ・ゴーレム
計21枚 計12枚 計10枚

@基本戦術@

STEP1 デッキ圧縮&儀式サーチ

こちらのアソートには「キラー・トマト」「ジャイアント・ウィルス」等、
フィールド場の場持ちが良く、かつデッキ圧縮するものを揃えてある。
併せてダメージを受けてでも「マンジュ・ゴット」等を召喚し、
切り札「サクリファイス」の儀式セットをサーチしよう。

相手に相当押される様でなければ「レベル制限B地区」等のロックは行わず
またロック下で活躍する「イナゴの軍勢」などのセットも自重する。


STEP2 「サクリファイス」召喚!

準備が整ったら「サクリファイス」を儀式召還しよう。
その際の生贄は攻撃力1400でリクルーターに相打されやすく、
後々仕掛けるロックを突破できない☆4のマンジュ等がお勧め。

「サクリファイス」で吸い込む相手モンスターは以下が参考だが、状況により選択。
1回のダメージを狙うよりも、優勢状況の保持とアドの取れる方法を考える。
罠破壊能力有り≧裏守備セット>戦闘破壊不可>高攻撃力

1度吸い込むと飲み込んだものがなくなるまで次の相手を吸い込めないので、
本デッキに積んでいる他のカードで意図的に引き剥がしつつ相手を封殺しよう。

■「月の書」
「サクリファイス」自身を対象にすると裏セット状態になった時に
吸い込んだ相手モンスターが引き剥がさ、再度サクリの効果が利用可能になる。
「マンジュ・ゴット」等のサーチモンスター再利用にも使うことができる。

■「亜空間物質転送装置」
相手に破壊されそうになったり、コントロールを奪われそうになったら
LPを犠牲にしてでも発動し「サクリファイス」を守りぬけ!
効果で自分フィールドに戻った後は、再度相手モンスターを吸い込めるぞ。
但し自分ターンに使用すると、そのEPに「サクリファイス」が戻ってきてしまい
装備カードの無い丸裸の状態で相手のターンに回すことになるので注意。


STEP3 臨機応変に戦闘スタイルを変化する

「サクリファイス」+「レベル制限B地区」か「グラビティバインド」(+「イナゴの軍勢」)
が自分フィールド上の揃った形が理想の状態といえるが、相手も馬鹿ではない。
千変万化の戦法で相手を翻弄しつつ、慎重にLPを削っていこう。例えば・・・

・ロックバーン状態で攻める
ロックカードを出した状態で「ステルスバード」や「ラヴァ・ゴーレム」の効果を利用し、焼き切る。
・低攻撃力状態の「サクリファイス」で自爆特攻
中々攻めてこない相手にはこれも有効。裏守備セットモンスターをサクリで吸収すると、
攻撃力0の状態になるので、この状態で相手を殴れば・・・

等々、自身のLPや相手の手札状況を考えて戦法を変えること。
最後にもう一度、場と優勢状況の保持を第一に行動し、相手の対抗手段を吸い尽くせ!


難易度☆リストに戻る

TOPへ戻る