TOPデッキレシピLV3>ワイルドトラップ

ワイルドトラップ

罠を恐れぬ男、ワイルドマン!罠をもひれ伏す天下人、紫炎!
パズルの様な罠と、キャラの配置次第で、カードゲームがボードゲームに変わっているぅ!

<サンプルデッキ>

モンスター 魔法
E・HEROワイルドマン×3 大嵐 聖なるバリア-ミラーフォース-
天下人 紫炎×3 サイクロン 激流葬
ウィングド・ライノ×3 早すぎた埋葬 リビングデッドの呼び声
E・HEROエアーマン 光の護封剣 爆導索×3
E・HEROアナザー・ネオス×2 増援×2 パイナップル爆弾
ならず者傭兵部隊 戦士の生還 つり天井×2
異次元の女戦士 - おジャマトリオ
切り込み隊長 - 重力解除×2
魔導騎士ブレイカー - はさみ撃ち
黄泉ガエル - -
冥府の使者ゴーズ - -
サイバー・ドラゴン×2 - -
計20枚 計7枚 計13枚
融合:サイバー・フォートレス・ドラゴン×3

〜デッキ運用の前提と勝ち筋〜
○罠が効かない「ワイルドマン」「天下人 紫炎」、罠を回避できる「ウィングド・ライノ」を始め、
  こちらだけ罠を使えるような優位な立場でゲームを進めることができる!
○罠は発動条件を定められたものが多いものの、大量のアドバンテージを得られるものばかり。
  多少劣勢になっても、罠一つで大逆転できる爆発力を秘めているぞ!

<デッキメカニズム>
「エアーマン」→ →「ワイルドマン」 「おジャマトリオ」←「重力解除」
  ↑                ↑  ↓
「増援」  「天下人 紫炎」 ← 「爆導索」→「ウィングド・ライノ」
  ↓     ↑    ↑       ↑
「切り込み隊長」←「はさみ撃ち」←「黄泉ガエル」


@基本戦術@

STEP1 場にモンスターがいない時


こちらのモンスターの打点は基本的に低いので、召喚は後出しして
罠&罠無効モンスターのコンボでアドバンテージをとっていく。
『戦闘破壊よりも、罠で除去してダイレクトアタック!』
という状況を作り出すのが、本デッキの勝ち筋。

◆罠無効モンスターで殴る!
相手に妨害されず高確率でダメージを与えることができる。
しかし返しのターンに戦闘破壊されてしまう可能性もあるので、
手札と相談して何を召喚するのか決めよう。基本的な召喚順序は

ウィングノ・ライノ≧天下人 紫炎>ワイルドマン

基本戦闘力が高さから、返しのターンに破壊されにくい「ライノ」、
罠無効の「天下人紫炎」、
蘇生やサーチ手段が豊富な「ワイルドマン」の順で優先する。
※しかし、そもそも罠無効モンスター2種と「ライノ」は
 若干運用が異なるので手札と相談して決めよう。

問題の返しのターンについては、フリーチェーンのものなどを伏せ、
特殊な条件を必要とする罠はセットせずにとっておこう。


◆何もせず相手に殴らせる

もう一つの選択肢として、あえて殴らせるという手もある。
というのも本デッキについてはフィールドモンスターの数で
使える罠が変化するからである。

多少のダメージを受けたとしても、返しのターンで
罠&罠無効モンスターを用いて相手モンスターを戦闘破壊し、
最終的にカードアドバンテージで押し切るという絵図である。
手札に「冥府の使者ゴーズ」があるなら、一時的に頼るのも良いだろう。


■「E・HEROエアーマン」で手札補給
サーチ手段が豊富なこのカードでダメージを与えつつ手札補給!
手札に呼び込むのは、多くの場合「ワイルドマン」が有効。




STEP2 いよいよ、罠に嵌める!

場の流れが読めてきたら罠を用いて大きなアドバンテージをとれるよう
確実に発動できる状況を見定めて各種罠をセットしていく。
うまく手玉にとった時の爽快感は他デッキの比ではないぞ!

■「爆導索」
相手にこのカードの存在がばれていない場合は画面中央に伏せると・・
自動配置により相手もモンスター・罠を中央の列に配置することになるので、
このカードの発動条件を満たす事ができる。2枚目以降は、
┗相手が一列にカードを配置した時に、同列に設置
┗相手の罠と同じ列に設置、条件がそろった時にこちらのモンスター召喚など、プレッシャーをかけていこう。

■「はさみ撃ち」
無理に使う必要がないカードではあるが、条件次第で好きな相手モンスターを破壊。
「ワイイルドマン」「天下人紫炎」を対象にすればコスト無しで発動できるが、
「ウィングドライノ」の場合は対象がそもそもなくなるため、無効となる点に注意!


STEP3 ピンチ?いいや、チャンスだ!


本デッキについては低攻撃力モンスターが多いため、
相手にフィールド展開されてしまうこともあるだろう。

しかし、逆に複数除去罠を用いることで
大きなアドバンテージを得ることができるかもしれないぞ!
以下に紹介する罠は発動条件を満たした時にセットするのが良いだろう。


■「パイナップル爆弾」
こちらがモンスターが少なく、相手モンスターが多いときに有効。
ちなみに自分フィールドにモンスターがいない時に「ウィングノ・ライノ」を召喚、
そして「パイナップル爆弾」の発動にチェーンしてライノを手札に戻す事により
相手フィールドのモンスターを全滅させることができる。

■「つり天井」
発動条件の『場に4体以上のモンスター』はクリアしやすい。
発動時、「E・HEROワイルドマン」「天下人 紫炎」「ウィングノ・ライノ」、
それに裏守備表示モンスターは生き残ることができる。

■「激流葬」
お馴染みのパワーカード。しかし、
「E・HEROワイルドマン」「天下人 紫炎」「ウィングノ・ライノ」、
の3体は生き残ることができる、最高相性のカードである。

▲デッキレシピLV3リストに戻る

▲TOPへ戻る


@@ちょっと役に立つ一口メモ@@
■罠は基本『後出し』で!
罠の発動条件を考えながらプレイする必要がある本デッキ、
一手先を読んで華麗に罠発動!・・とは、なかなかいかないので、
相手がカードをだしてから、こちらのカードをどこへ配置するか考える。
≪例≫
○「爆導索」・・相手フィールドに列を揃えてカードが配置してある場合はそこへ。
○「はさみ撃ち」・・条件達成時以外はセットしない。
○「つり天井」・・最低場に2体以上モンスターがいると、発動させやすい。

■カード配置は「マニュアル」で!
カードの位置とフィールドのカード枚数が重要な本デッキでは、
カード配置の設定をかえることを忘れずに!(画面左下で変更)


-こんなカードも使えるシリーズ-
◆「ゴブリン突撃部隊」
普段は初心者が使いそうなこのカード、しかし本デッキにおいては
「重力解除」「増援」「戦士の生還」とシナジーしている。
打点が足りないと思ったら挿してもよいだろう。

◆「積み上げる幸福」等のチェーン依存罠
「ウィングノ・ライノ」の手札に戻る効果が
何度もチェーンできることを狙ってこれらの罠を有効利用できる。

◆「マジカル・シルクハット」
本デッキでは発動条件付きの罠が多いが、このカードを併用するとその条件を満たし易くなる。
使うのであれば「ゴブリンのやりくり上手」などで更にコンボを狙うことが可能。

▲デッキレシピLV3リストに戻る

▲TOPへ戻る